地域発ドラマ〜コブラ会(Cobra Kai)

音楽と映像

Netflixでコブラ会(Cobra Kai)のシーズン1と2を観終わりました。

かのハリウッド空手映画の名作『ベスト・キッド』(原題はThe Karate Kid)キャラクターたちの34年後を描いた「あの人は今」的なストーリー展開が痛快でした。

なんと言っても、この作品の舞台は僕が住んでいる地元サンフェルナンド・バレー(以下、バレー)で、所謂(いわゆる)地域発ドラマ。なので、シーン毎に知ってる地名や街並みが映し出されて楽しさも倍増でした。

とは言うものの「Where was 'Cobra Kai’ Filmed? 」 でググってみたら、ロケ地のほとんどがアトランタ(ジョージア州)だったようです。(制作コストが安いからでしょうか?)でも、街並みや屋外の景色はLAのようです。

ひたすら師匠のミスター・宮城(パット・モリタ)を慕い、切磋琢磨していた主人公のダニエル君も、因縁の宿敵、ジョニー君も共にしっかりその辺にいるアメリカのおっさんに成り下がっていました。

光陰矢の如し・・。嗚呼!あれから37年。ついでに、わが身の老いも感じてしまった次第です。

母子家庭でレシーダ(うちのとなり町)出身の苦労人ダニエル君は、今やエンシノ(バレーの高級住宅地)の幸せなファミリーと豪邸に住んでいました。

生業は高級カーディーラーの社長で、一躍バレーの名士として成り上がりを果たしていました。

いっぽう、エンシノのボンボン育ちだった宿敵、ジョニー君は、独身バツイチのレシーダでアパート暮らし。ハンディマンとして生計を立てていました。

この二人の逆転人生からストーリーの流れが始まるのですが、あの純真無垢だったダニエル君はおっさんになったら、それなりに「嫌なヤツ」になっていて、ジョニー君は「ええ奴やんか〜、ええとこあるやんか〜」と思うシーンが満載でした。

これ以上書くとネタばれになりそうなので、ここいらでやめておきますが、来年にシーズン3がまたNetflixで配信予定との事。

今後の展開が楽しみでございます。

音楽と映像

Posted by Yoshio J. Maki