簡単〜チキンのハーブ焼き弁当

03/19/2019協妻家レシピ, 南カリフォルニア

今朝は息子の弁当を作りました。別にすいか(家内)の体調が悪いわけでもなく、ただなんとなく・・。メニューは炒り玉子、チキンのハーブ焼き、白いご飯+ゆかりのフリカケの超シンプルランチです。

簡単〜チキンのハーブ焼き

おっさんのチキンのハーブ焼き

材料

  • 鶏胸肉 2枚
  • (乾燥瓶詰め)タイムとローズマリー(適当にふりかける)
  • 黒胡椒(テキトー量)
  • コーシャーソルト 1TS
  • オリーブオイル 3TS

thyme_rosemary

本来なら鶏胸肉を、新鮮なタイムとローズマリー、オリーブオイルに漬け込んでおくのですが、今朝はオリーブオイルをかけたチキンに乾燥ハーブを適当量ふりかけて、焼いただけの『なんちゃってチキンのハーブ焼き”でした。

チキンの焼き方

  1. 熱したグリルパンにチキンを並べ、中火で片面3分間ほったらかし。(絶対に触ってはなりませぬ)
  2. 3分経過したら、チキンをすこし横にずらして焼き目をつけます。そして、1分30秒待ちます。
  3. チキンをひっくりかえして、また3分間ほったらかし。(絶対に触ってはなりませぬ)
  4. そしてまた(2)の焼き目をつけて、1分30秒たったら火を止め、チキンをお皿に移して2分ほど置いてから、適当な大きさに切ります。

おっさんのチキンのハーブ焼き弁当

てなわけで、おっさんの簡単!チキンのハーブ焼き弁当の出来上がり。野菜が不足していますが、ディナーで補足・・ってことで勘弁してね。

おやぢ


PS. **この協妻テキトーレシピは私自身のメモとして書きとめています。お味のほどは保証出来かねますので、よい子は絶対にまねをしないで下さいね(笑)。