人工股関節置換手術後の検診〜マザー・テレサのシンプルスマイル

03/15/2019アメリカ, アメリカの医療

休み明けの待合室は、折りたたみ椅子を出すぼど満員でした。 私のかかりつけのドクターは、アフリカ系アメリカ人。 患者のほとんどは黒人の御婦人。

皆とても愛想が良く、帰り際にはほとんどの人が ”Happy New Year!” と言って行きます。 そのたびにみんなが声を合わせて、 ”Happy New Year!” と返事をするので、 私も一緒になって ”Happy New Year!” と声を上げると、まるで小学校の教室の「みなさん、お早うございます!」、「先生、お早うございます!」の掛け合いのようで楽しくなりまし た。

わたしはあまり社交的なほうではありませんが、この御婦人方を見習って、採血をしてくれる看護婦さんに、「良いクリスマスを過ごされましたか。」と聞いてみると、嬉しそうに話し出しました。 いつもは緊張感のある診察室も、すこし和らいだ雰囲気になりました。

“We shall never know all the good that a simple smile can do.”(マザー・テレサ)

何気ない挨拶、小さな言葉、笑顔が良いものをもたらすことをもっと知るべき、ということでしょうか今年は、たくさん「スマイル」できるようになりたいですね。

すいか

03/15/2019アメリカ, アメリカの医療

Posted by suika