人はそのよわいは草のごとく、その栄えは野の花にひとしい

06/02/2019アメリカ, クリスチャニティ

人は、そのよわいは草のごとく、その栄えは野の花にひとしい。風がその上を過ぎると、うせて跡なく、その場所にきいても、もはやそれを知らない。旧約聖書 詩篇103篇15節-17節

近頃、人生の残り時間を思うことが多くなりました。「自分に残された時間があとどのくらいあるのか」を常に頭の片隅に置き、意識した毎日を過ごしています。

当ブログの行間に於いては、僕も人並みに仕事をし、毎月幾度か会社のキャッシュフローの低迷による、(フーテンの寅さんの)柴又・タコ社長症候群の発作と戦いながら、楽しくも悩み多き零細企業を営んで早27余年になりますが・・、上の聖書のお言葉とともに、下のお言葉も胸に染み入る年頃になりました。

よく聞きなさい。「きょうか、あす、これこれの町へ行き、そこに一か年滞在し、商売をして一もうけしよう」と言う者たちよ。 あなたがたは、あすのこともわからぬ身なのだ。あなたがたのいのちは、どんなものであるか。あなたがたは、しばしの間あらわれて、たちまち消え行く霧にすぎない。ヤコブの手紙 4:13-14 口語訳

 

死の時計 (Death Clock)

10年ほど前にうちのチャーチの主任牧師、ダドリー牧師が『死の時計「Death Clock」(deathclock.com)サイトの事を紹介していました。

牧師様は、『このサイトで自分が死ぬ日をシュミレートしてみれば、どれだけこの世での残された時間が束の間であるか・・と言う事が分かります』と、話されていたのを思い出しました。

久しぶりにこの『死の時計「Death Clock」で、生年月日、身長/体重/BMIを入れ、シュミレートしてみたら、自分の命日は"2030年9月9日(月)"で、余命はあと11年でした。

真しやかに人様の命日を割り出してくれるこの『死の時計「Death Clock」サイトですが、ビタミンサプリのリンクありで、ステマサイトとして上出来ではあるものの、その信憑性はイマイチと判断。

余談ですが、プロの姓名判断師をしている従兄弟のシュミレート(占い)によると、僕は78才で胃ガンで死ぬんだそうです・・(汗)。

いやはや、どちらを信じるか、信じないかは別として、いつの日か死んじまうのは100%確実でございます。

 

それだから、あなたがたに言っておく。何を食べようか、何を飲もうかと、自分の命のことで思いわずらい、何を着ようかと自分のからだのことで思いわずらうな。命は食物にまさり、からだは着物にまさるではないか。 空の鳥を見るがよい。まくことも、刈ることもせず、倉に取りいれることもしない。それだのに、あなたがたの天の父は彼らを養っていて下さる。あなたがたは彼らよりも、はるかにすぐれた者ではないか。 あなたがたのうち、だれが思いわずらったからとて、自分の寿命をわずかでも延ばすことができようか。 新約聖書 マタイによる福音書6:25~27

この手の話の結論としては、いつも下の聖書のお言葉に落ち着いちゃうのですが・・、瞬きのような残りの人生。ただひたすら、キリスト様にお任せしたいと思っています。

Yoshio

06/02/2019アメリカ, クリスチャニティ

Posted by Yoshio J. Maki