ラジオシャックの経営破綻と”Realistic/ Minimus 7″ スピーカー

IMG_0068

一昨日のニュースでアメリカ合衆国内で2位の家電量販チェーン「ラジオシャック」(RadioShack)の経営破綻を知りました。

UPDATE 3-RadioShack files for bankruptcy; Sprint to take over some stores(Reuters) http://www.reuters.com/article/2015/02/06/radioshack-bankruptcy-idUSL4N0VF7IY20150206

70年代後半からラジオシャックが自社製品として売り出したスピーカー”Realistic/Radio Shack Minimus 7″はペアーで$50.00(当時)とは思えない高音質な優れもののミニ・スピーカーでした。

この”Radio Shack Minimus 7″はハリウッドの老舗マスタリングスタジオ”Bernie Grundman”(バーニー・グランドマン・マスタリング)のエンジニア、ブライアン・ガードナーや、ロスのレコーディング・エンジニア、プロデューサーたちの間で、一般ユーザー音響環境のマスタリング音源確認用・モニタースピーカーとして愛用されていました。(自分も未だに1978年製の”Minimus 7 Models 40-2030 Black”を使っています)

全米で4千店超を展開して、南カリフォルニアならどこの町でも一店舗はあった「ラジオシャック」の経営破綻はネット通販の急速な普及が原因のようですが・・

この”Minimus 7″など、安価で優れたラジオシャック・ブランドの”掘り出し物”家電が無くなってしまう事をとても残念で寂しく思います。

Yoshio


1
1