英語を簡単にする11のシンプルなチェンジとニホリカ人の英語

Eleven simple changes that would make the English language so much easier to learn_2

少し古い記事になりますが、イギリスのこのサイトで、スペル通りの発音でない左の単語11個が「このスペルもあり」として認めたらどうかとサジェストされていました。

で、オックスフォード英語辞典(Oxford Dictionaries)ブログの同じ記事を覗いてみたら、(スペル通りの発音でない)左の単語11個のスペルが実際に辞書中で実施されるとは書いてありませんでした。

スペルもそうなのですが、ネイティブ・アメリカンぢゃないニホリカ人の自分には発音も、もっと原音に忠実であったらよかったのにと思うのです。

たとえば当ブログの映画「Gone Girl(ゴーン・ガール)」のレビューでも書いた、Gone Girl=ガングロって発音したほうが絶対にゴーンガールって言うよりも、こちらの人(英語人)に通じるだろうし・・

今や時の人!放言王のあの方は

ダンヌル・トランプ

って言ったほうが原音に忠実なような気がいたします。

Shake hands – 赤飯
Noodle – ヌル
Ticket – テケツ
Lemon – 冷麺
Methodist Church – メソジスチャーチ etc..

上は僕がお世話になったアメリカ日系一世の皆様のシンプル発音の一部です。40年前の渡米当時にまったく英会話が出来なかった時分(自分?)に大変役に立った事を思い起こしました。

Yoshio