yoshio journal

日系アメリカン・ライフスタイル / アメリカ西部情報

Read Article

映画 “The Equalizer 2” | もしも元CIAの凄腕エージェントが”Lyft”のドライバーだったら・・

南カリフォルニアに熱波襲来以来、ここサンフェルナンド・バレーの昼間の気温が40℃を超えたら、映画館、モール、ハッピーアワーの居酒屋のいずれかへ避難しています。

で、昨日は銀幕で避暑。大好きな俳優、ダンゼル・ワシントン(以下、デンゾーさん)の新作を観て来ました。

懐かしのドリフのもしもシリーズではありませんが「もしも元CIAの凄腕エージェントが”Lyft”のドライバーだったら・・」てな感じで、物語はスタートします。

現代の多羅尾伴内(これわかる人は昭和中期生まれ)ライドシェア運転手のデンゾーンさんが出会った人たちの人間模様・・。そして、その人たちの様々な問題を憂い「必殺仕置き人」と化すデンゾーさん。

果ては、愛するの友人で元同僚の死で・・。

久しぶりのデンゾーさんは恰幅が良くなっていましたが、変わらない、キレのあるアクションシーンは天晴れ!

異常気象。連日の40℃超えの猛暑には勧善懲悪なアクション映画は、なによりの暑気払いでございました。

デンゾーさんの新作、おススメです!

Yoshio

Return Top