「そだねージャパン」「うそだねーアメリカ」

数年前に英語人とのコミュニケーションスキルを改善するためにインプロ(即興劇)のクラスを受講しました。

で、その時に習ったスキルの中で、”Yes, and (はい、そうですね)+肯定的な(突っ込まない)応答”をすると、不思議に(英語人)との会話がいい感じで続くことを学びました。

以来、日常生活の中で・・

「そうじゃなくて」
「てゆうかぁ〜」
「だからぁ〜」
「でもね・・」
「お言葉を返すようですが」
「やだねぇ〜」

(会話のふしぶしで)上のように応答する人とは、自然に距離を置くようになりました。(おしなべて言うなら、ネイティブ・ネガティブ思考系の友人知人はここ数年で断捨離してしまった感もあります)

祖国日本のカーリング女子「そだねージャパン」いいですね!

“Yes, and (はい、そだねー)+肯定的な(突っ込まない)応答”・・・ 日々実践していきたいと思います。

「うそだねーアメリカ」

フロリダ銃乱射事件の生存者で正真正銘の生徒であるデービッド・ホッグ君(17)がクライシスアクター(俳優)だと、フェイクニュース被害のニュース。

デービッド君はCNN(米)の人気ホスト、アンダーソン・クーパーの番組に出演して、「自分は役者(クライシスアクター)ではない」と釈明し証明していました。(本当に気の毒でなりません)

衰えることを知らない「うそだねーアメリカ」のフェイクニュース・・。銃乱射事件後、デービッド君や他の生存者の生徒たちがオンライン・ハラスメントを受けているようですが・・・

基本的にTVニュースやSNSの記事を「そだねー」と素直に信じる事はありませんが・・

ソースをいちいち咀嚼、反芻しなければ真実を読み取ることが儘ならぬ、めんどくささは以前にも増しているように思えます。

引き続き、フロリダ銃乱射事件の犠牲者、被害者の皆様の平安と慰めを祈りつつ・・・

Yoshio

関連記事