Bing Crosby | サンフェルナンド・バレー

03/15/2019アメリカ, サンフェルナンド・バレー, すいかのひみつ, 南カリフォルニア, 音楽

数年間のサンタモニカ近辺での生活の後、サンフェルナンド・バレーに引っ越して来て23年半。家族や友達の居る日本を離れた時は23歳半でした。

お金持ちの皆さんが、山の頂上へ、あるいは北へ北へと逃げて行き、あらゆる人種が共存、今ではラテン系住民が過半数を超えたサンフェルナンド・バレー。

渋滞の酷さではアメリカ中最上位を誇る405番フリーウェイ。そのまた最悪のポイントを通って山越えをしなければLAへの通勤ができない山向こうの田舎、 風の無い日はスモッグが停滞し、風吹けば花粉や埃が、山火事があれば灰が着地する谷間の村。

名付けて「わさびし村」の住民歴が日本での年月と同じになったんだと、回りを見渡したら、ここも悪くない、いや、なかなかいいところじゃぁないの、なんて急に愛着心、愛村心がわき上がって来てるこの頃です。

そんな時、生まれも育ちもわさびし村、生粋のバレー・ボーイの息子がかなり前にiPodに入れてくれた、ビングクロスビーのこの"San Fernando Valley"を急に思い出して聴くようになりました。


サンフェルナンド・バレー | Bing Crosby


405フリーウェイでサンセット通りを過ぎ、ゲティセンターの山のあたりで平原を一望しながら、ボリューム大にしてかけています。この歌のグルーブをお供に帰ると、渋滞気分が少し軽くなるから不思議です。

♪さーん、ふぁ、なぁーんど、ばぁありー、まぁい ほーむ♪

And make the SAN FERNANDO VALLEY my home!

すいか