LAリトル東京・ヤマザキパン(Yamazaki Bakery)の「つぶあんパン」

06/22/2022アメリカン・ライフ

巷では「スティルス値上げ」が横行中

3/24/2022付けの当ブログ「物価高騰ハンパないアメリカ〜インフレとガソリン高騰対策」でも書きましたが、依然としてここ南カリフォルニアはハンパない物価高騰は継続中。

ガゾリン価格が1ガロン=6ドル〜となり、満タン時で前年比約2倍に高騰しています。

マーケットのお惣菜も外食も、「スティルス値上げ」の花盛り。あえて、どこの日系マーケットとは申しませんが、価格は据え置きでカモフラージュした、中身スカスカ上底弁当。

具材(ハムやターキー)が微妙に減少傾向にある行きつけのデリーのサブサンド(サブマリンサンドイッチ)・・などなど、ツッコミ入れたら枚挙に遑がありません。

LAリトル東京・ヤマザキパン(Yamazaki Bakery)の「つぶあんパン」

そんな「スティルス値上げ」が横行している中、LAリトル東京・ヤマザキパン(Yamazaki Bakery)の「つぶあんパン」はインフレ依然との変わらぬ威風堂々たる面持ちをもって品質と価格を維持。

なんと言っても、このあんパンの「つぶ餡」の容量と味は、他のLA郡にあるエイジアン・ベーカリーに勝るとも劣らないと思います。リトル東京の歯医者さんの帰りには必ず立ち寄りショーケースにあるだけ買って帰り、冷凍保存。

レンチンしてバターを塗って、牛乳と一緒にいただきます。すると、故郷葛飾亀有で同級生ファミリーが営んでいたパン屋「日立屋」のあんバター・コッペパン(当時はマーガリン)の味を彷彿。(一瞬だけノスタルジックな思いになります)

値段据え置き。あんこの量も据え置きでスティルス値上げなし。不肖Yoshio、LAリトル東京・ヤマザキパン(Yamazaki Bakery)を応援いたします。

06/22/2022アメリカン・ライフ

Posted by Yoshio Maki