第2回目のファイザー新型コロナウイルスワクチン接種〜副反応からの復活・・

05/10/2021アメリカの医療,アメリカン・ライフ,南カリフォルニア

週明けに第2回目のファイザー新型コロナウイルスワクチンを接種しました。

カリフォルニア州内のワクチン接種が広がるにつれ、2回目の接種後の副反応が出た友人知人も多くなり、御多分に洩れず、自分にも倦怠感と発熱の副反応が出ました。

翌日、熱は下がりましたが頭痛に悩まされ、前日からの倦怠感はそのままで何もする気力が湧きません。

それはあたかも麦酒➡️日本酒➡️ウヰスキーの三種混合しちゃった飲み会で超盛り上がった翌日、体内でアセトアルデヒドが大暴れしているかのような、酷い二日酔いの症状。

とにかく、怠くて、怠くて、怠くて、怠くて・・ベッドに身体を横たえている以外に術がありませんでした。

心ない知人は「んなもん、大したことはない。48時間経てばすっかり症状は消えるから大丈夫!」と、叱咤激励(?)。

んな事言われても、苦しいものは苦しいのです。わたしゃただ「お大事に・・」にの、やさしいひと言が欲しかった・・。

で、その知人の48時間副反応回復説はみごとにハズレて、僕の第2回目ワクチン接種副反応からの回復は3日目(72時間)でした。で、昨日から仕事に復帰した次第。

お前と俺とは別な人間なんだぞ。早え話がだ、俺が芋食って、お前の尻からプッと屁が出るか!

(人が苦しんでいる時に)叱咤激励してくれたお節介な知人には、お礼に上のフーテンの寅さんの名言を送信・・。同時にコロナワクチンの副反応も人によって異なるものである事を実感。

昨日のロサンゼルス郡保健局の発表によると、16才〜64才の24%が2回目のワクチン接種を完了。65才以上のシニアの60%が2回目のワクチン接種を完了し、75%が1回目の接種を完了したとの事。

CDC(アメリカ疾病対策予防センター:Centers for Disease Control and Prevention)も接種完了なら屋外マスク免除との指針緩和を発表したし、ここロサンゼルス郡も6月末にはほぼすべての経済活動がコロナ前に戻るのではと、巷で言われ始めています。

引き続き、愛する母国日本のワクチン普及を切に祈ります。