コロナの日々、うちのレモンで自家製「七五三・ポン酢」

05/11/2020南カリフォルニア

南カリフォルニアの短い雨季が終わる頃、わが家の果樹が実をむすびます。裏庭にはグレープフルーツ、レモン、キンカン、薩摩みかんの木があります。

ウエストロサンゼルスのアパートから、バレーのこの家を購入し移住して早30余年。肥料もいらず、定期的に水をやるわけでもなく、放置したままの裏庭の果樹。天上の恵みだけで年に2回、たくさんの実を結んでくれています。

フルーツ・ピッカーで裏庭のレモンを収穫

うちの裏庭のレモンとグレープフルーツの木は、年がら年中実を結びます。で、昨日お隣りのマダムから「レモンちょーだいな」とのご注文があったので、熟れごろのやつを捥ぎました。

いつもハシゴが届かない高いところになった実を取るのにとても難儀していたのですが、最近Lowe’s(Lowe’s Home Improvement)で買ったこのフルーツ・ピッカー(True Temper Fruit Picker)がとても重宝しています。

ポール(棒)の長さは8フィート(2.4メートル)。狙ったレモンの実をバスケットの先端にひっかけて引っぱると、ぽろ〜ん・・と落ちます。

で、こんな感じで一度に4〜5個は取れます。

うちのレモンで自家製「七五三・ポン酢」

収穫したレモンは通常、朝のスムージーの隠し味、自家製炭酸水の薬味、などに使いますが、「七五三・ポン酢」にも重宝です。

鍋料理、餃子には欠かせないポン酢ですが、こちらの日系マーケットでは瓶詰めで日本製のポン酢は、それなりのお値段で売られています。

以前、料理人の友人から「庭の柑橘類が穫れるんだから、ポン酢は買わないで自分で作れば・・」と、言われて以来、裏庭のレモンの木に実がなっっている間は、自家製「七五三・ポン酢」を作っています。

「七五三・ポン酢」の配合は・・

  • 出汁醤油 7
  • 果汁(裏庭産のレモン)5
  • みりん 3

です。米酢は使用せず、レモンだけでポン酢を作ります。ちょこっと酸っぱすぎかな?と思ったら料理酒を気持ち足しています。鍋、餃子の他に、焼き魚、和風ステーキなどにもよく合います。

コロナの自主隔離もステイホーム週間からステイホーム月間になってしまったここカリフォルニア州。

ひよこを飼って、玉子の自給を考えている人や、家庭菜園をはじめて、野菜のプチ・自給自足を試みている人が増えていると聞きます。

懐かしの昭和のアメリカのホームドラマ「Leave It to Beaver (ビーバーちゃん)」の時代に建てられて、築64年もボロ屋ですが、敷地面積だけは広いわが家。

手がかからず、素人(シロウト)の自分にでも育てられそうな、野菜をいろいろリサーチしたのですが、植えたら収穫までほとんど放置状態でも収穫が期待できるのは、イモ類かネギ類との事。

とにかく、時間だけは沢山あるコロナ自主隔離の日々。とりあず、ジャガイモに芽が出たら試しに植えてみようかと思っています。

レモンで食器を洗う

余談ですが、うちではレモンを絞った後の皮の部分はそのままとっておいて、食器洗いに使っています。

レモンの皮で、食べ物の残りカスを拭ったり、フライパンに付いた油脂を落します。特に魚料理をしたあとのオーブンパントレイや焼き魚を盛り付けていたお皿をレモンの皮でゴシゴシやると、魚の臭みが取れ、レモンの良い香りがします。

オールナチュラルな自家製レモンの食器洗い・・、協妻家のオススメでございます。

05/11/2020南カリフォルニア

Posted by Yoshio J. Maki