うばい合えば足らぬ、わけ合えばあまる

南カリフォルニア

コロナ狂騒以来、殺伐とした雰囲気のスーパーマーケットに辟易。食料品の買い物に一番ストレスを感じてしまいます。

ロサンゼルス郡に外出禁止令が発令以来、食事はウチご飯となりました。コロナ狂騒前の自由きままに、いつでも好きなレストランで外食をしていた頃が懐かしく、なんと幸せな日々であったかを思い知ります。

米国内にコロナ・パンデミックが始まってから、様々な不自由さはありますが、なんとか必要なものは買えるし、冷蔵庫の中には食い物はあるし、冷凍庫に放置してあった冷凍食品なども重宝しています。

ご近所さんからのお裾分け

料理上手なお隣りのマダムから、スキー師匠のKさん夫妻からも、手作りおかずや食材のお裾分けを頂戴します。本当にありがたい事でございます。

サバの文化干し

スイスチャードのベーコン🥓ソテー

東京下町風ソース焼きそば(オーバーイージー目玉焼き乗せ)

おっさんの協妻家カレー

美味しいウチご飯を頂きながら、日本食のバラエティの豊かさを感じます。日本人の両親のもとに生まれ、育ったことに感謝、感謝!

うばい合えば足らぬ
わけ合えばあまる

相田みつを

3.11東日本大震災後、母国日本で買占め騒動があった時に、上の相田みつをの言葉が共感をよび、話題になったそうです。

非常事態のここアメリカ合衆国の「プチ・うばい合い」を現状を目の当たりにし、その通りであると痛感しています。

今週もご近所さん、友人知人、ローカルのコミュニティが助け合って、この難局を乗り切って参りたいと思います。

Yoshio



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ライフスタイル・ブログランキングに参加しています。 よろしければ応援クリックをお願いします。