ぐっとがまんのマヨネーズ断ち・・

06/02/2019アメリカ, アメリカの医療

CPAP脱却のためのダイエットを開始して以来、1日の摂取カロリーを1897kcalに設定。基本的にメシを食うのは朝とランチのみとなりました。

朝メシでだいたい、450kcal。ランチで残りの1447kcalてな感じの食生活も板について来て、夜の空腹感も、運動後のビールの誘惑にも(たまにしか)負けない生活態度になって来ました。

朝はいつもパン食。厚めのバゲッドをトーストしたうえにバターを塗って、アボカドをのっけたのとコーヒー(ブラック)をいただきます。

吾が母子手帳の友で、食用油研究家、寅さん(林裕之)も下記の「女性セブン2019年5月30日号」のインタビューで・・

「朝はパン派」という人も多いだろう。毎朝のことだからこそ、パンに塗るものが重要になってくるが、マーガリンよりバターを選ぶべきだと言うのは、『その病気、その疲労、「隠れ油」が原因です!』(三笠書房刊)の著者で植物油研究家の林裕之さんだ。「マーガリンのほか、パンや焼き菓子の材料であるショートニングにはトランス脂肪酸が多く含まれます。工業的に作られたトランス脂肪酸は悪玉コレステロールを増やすばかりか、善玉コレステロールを減らす作用があり、冠動脈性心疾患になるリスクを高めることがわかっています・・

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12180-280098/?fbclid=IwAR0YChPq3MIBKk-x1OzRPiRZBajdtbqpspkyp7uD6dVnuUrVR3L4ml-lN3o

と力説しているので、パンにマーガリンはご法度品目入り。

はたまた、下の⬇️NEWSポストセブンに掲載されていた、寅さんの記事によれば「オメガ3を摂る意識ももちろん大事ですが、オメガ6のリノール酸を減らす努力も重要・・」との事なので・・、

サラダのドレッシングなどもトレジョ印のオーリブオイルとバルサミを滴らして食っています。

かつては生粋のマヨラーでしたが、ダイエット開始後はぐっとがまんのマヨネーズ断ち。

何と言ってもマヨネーズの100gあたりの熱量は驚愕の679.7kcal!キューピーちゃんをにゅろ〜ってサラダにかけただけで相当なカロリーを摂取してしまうのがマヨネーズの恐ろしいところ・・。

寅さんのサイトにあった画像をみるとマヨネーズの75%が油・・、ってのもクセもの・・。マヨネーズは、マーガリン、アルコール同様、ご法度品目のひとつでございます。

今日の格言:持つべきものは油研究家の〜母子手帳の友

Yoshio

【関連記事】


06/02/2019アメリカ, アメリカの医療

Posted by Yoshio J. Maki