北加では年収12万ドルでも低所得者とみなされるらしい・・

家賃がそんなに高いなら郊外に引っ越せばいいじゃないか、とも思いますが、魅力的なサンフランシスコに住みたいと若い人たちを中心に都心回帰と職住接近の傾向が強まっています。”「【NHKオンライン】飯田香織の米西海岸リポート「年収1300万円でも低所得」

上のNHK二ュース”飯田香織の米西海岸リポート「年収1300万円でも低所得」・・、北加では年収1300万円=約12万ドル稼いでも低所得者とみなされるってのを拝読。

ソーシャル・セキュリティーTAX、等、なんだかんだで30%ぐらい引かれた後、手取りは8万数千ドルってとこでしょうか?

こんだけ稼いでも家族4人暮らしだと低所得者の烙印を押され、政府に住宅補助の申請が出来ちゃうとの事・・。

1人暮らし(独身)で他州から北加に移住した若人の住居は、見ず知らずの人と共同生活のシェアハウス(文中では「ハブハウス」)からのスタート・・、

狭くて、プライバシーが限られていても都市や職住接近に住むのがトレンドのようで、収入と生活水準のバランスを顧りみると、他人事ながら「なんだかなぁ〜」って感じでございます。

先人の生き方から学ぶ、加州での暮らし

LAに移住した20代の若造の頃、日系1世の先輩諸氏の生き様から沢山の事を学ばせて頂きました。その中でも下の教えはあれから数十年経った今、本当にありがたく思っています。

  • 無理をしてでも若い時に家(土地付き)を買いなさい。
  • 住宅ローンはなるだけ短く、15年の固定金利ローンにしなさい。
  • そして、その家に長く住みなさい。

学校を卒業し、某米系航空会社に就職した時の手取りは1200ドルほど。夜は日本食店でウェイター、バーテンダーのバイト、空いた時間で映像コーディネーターの仕事、子どものピアノ教師なんかをして、もちろん共働きでダウンペイメント(頭金)を貯め、やっと買ったのが今の家。

渋滞の酷さではアメリカ中最上位を誇る405番フリーウェイ。そのまた最悪のポイントを通って山越えをしなければLAへの通勤ができない山向こうの田舎、 風の無い日はスモッグが停滞し、風吹けば花粉や埃が、山火事があれば灰が着地する谷間の村。【すいかのひみつ – サンフェルナンド・バレー | Bing Crosby】

と、すいか(家内)もブログに書いていますが、僕らの新居は、当時勤めていたセンチュリーシティ、カルバーシティのエリアからは結構な通勤距離がありました。

当時はクレジット(信用)がなかったので、頭金は家のバリューの50%。払っていけるのか一抹の不安を払拭し、気合いの15年ローンを強行。で、なんとか完済したのがアラフォーの時でした。

かの、サブプラの不動産バブルの時などは、家のエクイティ(Equity)を嗅ぎつけて、甘い言葉で囁いてくる不動産投資業者の勧誘もたくさんありました。

しかしながら、上の「そして、その家に長く住みなさい」教訓を守り、後にサブプラ不動産投資の犠牲者になることもありませんでした。

北加サンフランシスコのみならず、ここ南カリフォルニアも住宅は賃貸、売り物件に関わらず高騰しています。築60年の超ぼろ家のうちも「マジかよ?!」と、思うくらい、年々マーケットバリューが上がっています。

収入の40〜50%が住居費ってのが現状のここカリフォルニア。いつ会社をクビになるか分からないのは、アメリカでの宮仕えの常。あくまでも私見ですが、住居費をいかにマネージするかが、快適なカリフォルニアライフの「肝(キモ)」のように思えます。

お世話になった日系1世、Yご夫妻の「移民はベッドがあって、家族が一緒にいればオーライよ〜」の言葉が胸に沁みています。

Yoshio

関連記事