ペットロス症候群から5年・・パグが家にやって来た

04/10/2019南カリフォルニア, 犬の病気

モグちゃん(パグ犬:雄4ヶ月)

2代目のオレオ(黒ラブ:雄)が召された後、一家全員がペットロス症候群となって5年半の月日が経ちましたが、今週、新しい家族、モグちゃん(パグル犬(雄)生後4ヶ月)が家にやって来ました。

旧友のM夫妻がFacebookに里親を募集していたこの子の画像を見て、わが家全員

「きゃ〜〜!可愛い〜!欲しい〜!」

って事でうち子になりました。で、この子の名前なのですが・・。

眼がぎょろっとして、鼻まわりが真っ黒なので、懐かしの伝助劇場の「伝助さん」にも似てるし、鬼瓦権蔵さん にも似ているので「オトーさん、"デンちゃん"か"ゴンちゃん"がいいかな?」と提案するもスイカ(家内)と息子が即、却下!生まれた時に付けられた名前がモング(Mong)だったので、モグ(Mogu)に決定!

生後4ヶ月にして、この"ふてぶてしい目つき"がなんとも・・親近感があります。これからトイレのしつけ、散歩のしつけ、ごはんのしつけ、etc.. 18年ぶりにパピー(子犬)育児の日々が始まります。

モグ(Mogu)の養子縁組に際しご協力、ご尽力いただきましたM夫妻に心から感謝いたします。ありがとうございました。

オスに発情期はありません。パグの去勢手術

パグルのモグ

モグ(パグル:雄)がうちの子になって早3ヶ月になり、本日「去勢手術」をして来ました。

カリフォルニア州では犬の登録は去勢手術(メスは避妊手術)と各種予防注射済みの証明書が必要になります。生後4ヶ月から去勢手術を受けられるようなのですが、うちの獣医さんは7ヶ月まで待ったほうが良いとの事で今日になりました。

透明なエリザベスカラーを付けてもらい先ほど帰宅。まだ麻酔が効いているのか涙目でフ〜ラフラと家の中を歩いています。それはあたかも、故郷葛飾区亀有の居酒屋でくだを巻いてる、泣き上戸の酔っぱらいオヤジのようでもあり・・

オスの生殖能力が完成するのは生後1年くらい。やはり、小型犬に比べて大型のワンちゃんのほうが遅めです。オスに発情期はありません。発情中のメスの匂いに誘われて、オスはいつでも交尾可能なのです。発情したメスの匂いは2kmあまり届くといわれます。受精したメスは、62~63日で出産します。避妊・去勢手術はどうやる?適正時期はいつ?】

「犬の去勢手術」でググって上のサイトの記事を拝読していたら・・

オスに発情期はありません。

てのに激しく反応・・。これでうちの子もセイント(聖人)の仲間入りを果たしたような、そんな気持ちになりました(笑)。

モグちゃん(パグ犬:雄4ヶ月)_3882

エリザベスカラー!ほぼ “ダースベーダー化"

mogu_5071

モグの去勢手術から早14日目となりました。

ここ数日は患部がとっても痒かったようで、いくらカラダを曲げても届かない、痒い〜傷口を舐めようとぐるぐる、ぐるぐる50回転ぐらいしていました。

その度にエリザベスが割れるので黒いガムテープで補強していたら、エリザベスがほぼ〜"ダースベーダー化"(笑)。

犬の親子手帖さんのサイト「(去勢)手術後の注意」を拝読していたら・・

去勢や避妊を行うと、太りやすくなる傾向にあるようです。一説にはホルモンのバランスが変わるから肥満になりやすいという説や、食欲が旺盛になるので太りやすくなるといわれていたり、去勢や避妊は太りやすいのとは関係ないなどとする説もあり様々です。実際のところはオペを行った犬は理由がどうであれ、太りやすい傾向にあるようです。【犬の親子手帖さんのサイト「(去勢)手術後の注意」】

と、書かれてありましたので・・。(去勢オペをしていなくても)近頃、太り気味なこのおっさんもモグとダイエット開始!

モグちゃん、今日からお散歩の距離を3倍に延ばしますよ〜!

パグの日

本日8月9日は〜「パグの日」なんだそうで、ほっかむりをさせらたパグちゃんたちの画像がSNS上を賑わわせています。

うちの子にもほっかむりをさせようと試みたのですが、断固拒否。「ボクはアメリカのパグだから関係ないの・・」と、そっぽをむかれちゃいました。

アメリカのパグの日(National Pug Day)は10月15日のようで、画像を見る限りでは「ほっかむり」はしていないようです。

うちの子が家族になってくれて早3年。この子が居てくれるだけで家中が和みます。この子は、パグとビーグルのハーフ、パグルなのですが、顔と性格はパグ、体つきと運動量はビーグル・・、とはっきりしています。

一般的ににパグは散歩が嫌いな子が多いと言われていますが、うちの子はとってもアクティブなので、2時間のウォーキングも余裕のよっちゃん(死語の世界)です。

未だ5%しか消火作業が捗らない加州の山火事。空気のクオリティーがイマイチなので。ここのところうちの子とウォーキングも家の周りを1ブロックほど・・。

明日から気温も下がる予報。引き続き、鎮火と現在避難されている方々が早く帰宅出来ます事を切に祈ります。

60代の生活習慣が、70代の健康に大きく関わるボケ防止と健康のために続けている事。

ボケ防止と健康のために、以下のことを続けています。60代の生活習慣が、70代の健康に大きく関わるようで、とにかく、ただひたすらに続けることを目標としています。何歳まで生きられるかは知る由もありませんが、健康寿命を少しでも維持できればと思います。

 

毎日1時間、わんこと歩く

近所のバルボアパークの人工湖の周りのコースを一周するには1時間15分かかります。時速4.0kのスピードだと、およそ331kcalの消費。インスタジェニックな夕焼け空の画像を撮りながら、うちの子(パグル雄:2歳)と、ほぼ日で歩きます。

ウォーキングは脳を活性化させるようで、そう考えると、『あ、犬のウ●コが落ちてる・・』 『前方から上半身ハダカのマッチョが走ってくる・・』 『カモが飛んでる・・』 『日が沈んでく、キレイだ・・』てなかんじで、散歩中はいつも脳内がフル回転しているように思えます。 それに歩きながらいろんなことを考えてると、肯定的なアイディアが浮かびます。

 

1日1食。摂取カロリーは1800kcal

週に5日間、1日1食。摂取カロリーは1800kcalの食事をはじめて久しいのですが、体調はとても良いです。通常はランチ1食のみで、制限なく何でも好きなものをバランスよく食べます。(夜の会食や飲み会があるときは、ディナーだけ)

大食漢の自分は何回かに分けてちょこちょこ食べることが至難のわざ。1食でどかっと1800kcal食べてその日の食事はおしまいってのが、安易なダイエットです。週末はガス抜きで、カロリー制限なしで、好きなだけ食います。

1日1食ダイエットで気をつけなければいけないのが、水の摂取だそうで、食事の回数が少ないほど水分の摂取も減り、身体に支障をきたすようなので、意識的に1日の水の摂取量を3000mlと決めています。

隠れ油に気をつける

母子手帳の友で食用油研究家、寅さんの著書「隠れ油」という大問題 の影響もあり、わが家も隠れ油に気をつけた食生活に切り替わりました。

一歩外に出れば、"隠れ油まみれ"になってしまう、アメリカの食事。痴呆や癌の原因だとされているサラダオイルはもとより、好物だったマヨネーズも断ち、良い油の日々。で、たま〜に誘惑に負けたら、"隠れ油"の外食・・(汗)。

指を動かして、難しい課題曲にチャレンジ

指を動かすこともボケ防止になるってことを聞いたので、毎日、難しい課題曲にチャレンジしています。アコギとピアノを毎日交代で弾き、時間は決めず、手が痛くなったら練習を止めます。

「日課」「決まった手順」「お決まりの所作」いわゆる日常生活のルーティン化が、ボケにつながるようなので、未知なもの、難しい課題にチャレンジすることはとても大切なようです。ちなみに、ギターは truefire.com/ のオンラインコースを使っています。

ブログを書く

2005年から始めた当ブログ。『日記を書く』ってのもボケ防止にはとても良いそうで、今月からまたブログを書くことにしました。皆様、どうぞごしいきに!

Yoshio

関連リンク

04/10/2019南カリフォルニア, 犬の病気

Posted by Yoshio J. Maki