小春のビッグベアーから、黄昏のハリウッドへ・・

03/15/2019アメリカ, サンフェルナンド・バレー, スキー, 南カリフォルニア

IMG_0062
ロサンゼルス北西部、SFバレーには花粉が乱舞しています。数週間、ずぅ〜っと右の画像の鼻たらしたワンコのようにアレルギー性鼻炎な日々が続いていました。

抗ヒスタミン剤を使用しないアレルギー性鼻炎の自然治癒の最良の方法はお山に行くことなので・・今月も半日"臨時スキー休暇"を頂き、スキー師匠のKさんとビッグベアーに行ってきました。

IMG_0048

山頂の雪も溶けて、すっかり春めいたサンバラディーノ郡の山々。もうこの地点まで来ると鼻炎の症状は消え去り、"鼻腔開通!" 久しぶりに鼻の乾きを覚えます(笑)。

IMG_0061

リフトに乗り、山の麓の眼下には地肌が見えていました。

IMG_0052

家を出発した朝6時の気温は55℉(12.8℃)だったので「こりゃもう春スキーのコンディションだな・・」と、あまり雪質は期待していなかったのですが・・頂上の気温は33℉(0.5℃)。滑り始めの1時間ぐらいはガリガリでしたが、後半の2時間はこの時期のローカルの山にしては最高の雪でした。いつものように1時間5本のペースで3時間休まず15本滑って、11時半で終了。(流石に3時間滑ると太腿がパンパンになります)

IMG_0054

スキーの後に戴く、Kさんの愛妻Aさんの手作りランチがまた格別!なによりも至福の時でございます。Aさんいつも本当にありがとうございます。ご馳走様でした。

IMG_0058

で、15時に帰宅。シャワーを浴びてハリウッドの打合せの場所へ。小春のビッグベアーから黄昏のハリウッドへやって来たとたん鼻腔閉鎖。

IMG_0020

車の中でくしゃみ5連発、鼻水はナイアガラ状態・・ このギャップに閉口するも、自身の春の風物詩、また楽しからずや・・でございます。

Yoshio


1
1