ロスのおっさんの〜甘栗 栗ご飯(失敗の巻)

03/19/2019協妻家レシピ, 南カリフォルニア

療養中のM子師匠に秋の味覚を味わって頂こうと思い、N屋マーケットで売っていた甘栗(パック入り)で栗ご飯を炊いてみました。

いつものようにといだお米に昆布を浸して、1時間ほど放置。

片手鍋に米と昆布

その間、甘栗をパックから取り出して半分に切っておきます。

パックの甘栗

しょうゆ、みりん、料理酒、ダシ(各1TBS)を入れて炊きます。(炊き方:強火で火にかけ沸騰したら、鍋に蓋をして弱火で15分炊く。この間絶対に蓋をとってはいけません)

栗ごはんを炊く

で、出来上がりです。

甘栗で栗ご飯

結論から言うと・・甘栗で「栗ご飯」ってのは無味乾燥。秋の味覚と言うよりも、天津甘栗のまんま・・てなお味でした(甘栗・栗ご飯、失敗の巻)。

マロンに浪漫が足りなかったのでしょうか?それとも協妻家レシピに問題があったのでしょうか?

やはり「栗の革をむく」というあの面倒で必死のパッチ作業を経ないと「栗ご飯」の旨味は口中に広がらないのでしょうね。

次回はちゃんと栗の革をむいて、再チャレンジしてみたいと思います。

Yoshio


1
1