12歳の成人式〜バト・ミツワー

ユダヤ教では、男子が13歳になったらバル・ミツバ、女の子は12歳になったらバト・ミツワー(בת מצוה, Bat Mitzvah)と呼ばれる成人式。

昨夜はP仲間でイキー師匠の長女、Nちゃんの12歳の成人式でした。成人式と言っても、アルコールやたばこが解禁とか、どこかの国みたいに酒飲んで暴れて良い(?)とか、選挙権があるとかいうことではなくて・・、

神の前にユダヤ教の戒律を守ることを認識し、自分自身がユダヤ人としての行動に責任を持てる年齢になった、今日から社会の一員だと言う意識を持つ意味での「成人」なのだそうです。

バト・ミツワーはサバス明けの土曜日日没から、エンシノにあるイキー師匠宅の中庭で始まりました。Nちゃんのお友だち+保護者、イキー師匠のオリジナルブランド、Soultone Cymbalsのアーティストが勢揃い。

ぶんちゃかぶんちゃかダンスに興じ、クライマックスにはDJが仕込んでおいた、打ち上げ花火がパンパ〜ンと上がって大歓声。Nちゃんの12歳の誕生日/成人式はとても盛大なダンスパーティーでした。

ちなみにバル・ミツバおよびバト・ミツワーのプレゼントは、ご祝儀(現金)だと言うことを知り、一体全体どれぐらいつつんだら良いのかググってみたのですが・・、

ご祝儀の額はお付き合いの程度によるようで、ユダヤ教にとって縁起がよいとされている18の倍数、$36、$54、$72、$90、$108、$126、$180、etc..,てなことを知りました。で、いくら包んだかは、ナイショです・・。

Nちゃんの正式なバト・ミツワーのお祝いは、7月にイキー師匠の故郷、ティベリア(Tiberias)で執り行われるとのこと。

Nちゃん、成人おめでとう!

Yoshio