Mozart’s Sister | ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路


ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路[DVD]

祖国日本では2011年4月9日に封切られたこの作品「ナンネル・モーツアルト 哀しみの旅路」は、ここSFバレーではエンシノのアート系銀幕でひっそりと上映されていました。

今月はクラシックのプロジェクトで、マリア・テレジア・フォン・パラディス(Maria Theresa von Paradies or Paradis)の楽曲を収録したので、マリア・テレジア・フォン・パラディスとほぼ同時期に生きた、若き日のナンネル・モーツアルト(モーツアルトの姉さん)を題材にしたこの作品にとても興味がありました。

「すいか」とゆう何年か前の日本のTVドラマで、主人公(小林聡美)のお母さんが「35歳過ぎの女性が成功するには、才能とおっぱいよ」って娘を叱咤激励(?)する台詞がありました。

いやはや、ナンネルさんやマリアさんたちが生きてた頃てのは、女に生まれたとゆうだけで、年齢や容姿に関係なく才能を世間様に認めて頂く事が難しい時代だったようです。

印象派絵画から飛び出してきたような、まさに中世丸顔美人ナンネル役のマリー・フェレ (Marie Féret)のキャスティングがハマり過ぎ、至る所で「拘ってるなあ~!」とお見受けしたシネマトグラフィーに脱帽。

Yoshio