yoshio journal

日系アメリカン・ライフスタイル / アメリカ西部情報

Read Article

ミチコ・ヒル | Michiko Hill

Atlantis | Wayne Shorter

ミチコさんは、僕が一番好きなピアニスト。今まで僕がプロデュースしたプロジェクトには必ず参加してくれています。ミチコさんはジャズ界の大物サックス奏者、ウエイン・ショーターのアルバム”Atlantis”でピアノを弾いています。

その時の譜面を見せてもらったことがあるのですが、ウエイン・ショーターのピアノ譜はオタマジャクシのまっ黒クロ助!ジャズのレコーディングなのに、まるでクラシックの譜面のように一音一句、あの独特で格調高いコード(和音)のヴォイッシングが克明に書かれていました。

「ミチコさん。こ、これ、初見で弾いちゃッたの〜?!」と、ぶっ魂消た事を覚えています。

ミチコさんと僕は同じ時期に渡米し、同じ頃に結婚、受洗、そしてアメリカ合衆国に帰化。

ミチコさんと僕は同じ時期に渡米し、同じ頃に結婚、受洗、そしてアメリカ合衆国に帰化。1986年に”NCM2″が、ロスのリトル東京のユニオンチャーチではじめてコンサートをやった時の面子は、ミチコさんのご主人でベーシストのピィーウィー、その隣りがチェスター・トンプソン(ジェネシス)、アレックス・アクーニャ(ウェザーリポート)ミチコさん、そして僕でした。

Yoshio

ミチコ・ヒル略歴: 東京生まれ。桐朋音大ピアノ科卒業。1978年渡米、1991年米国に帰化。ジャズ界の大物サックス奏者、ウエイン・ショーターのレコーデイングに参加。チェスター・トンプソン(ジェネシス、フルコリンズ)、アレックス・アクーニャのピアニスト、1986年からヨシオ・J・マキと共にロスのゴスペルクワイヤ、NCM2 CHOIRを主宰。現在スタジオミュージシャンとして、また作・編曲家/ピアニストとして活動している。

Return Top