レイバーデー・ホリデー初日は〜早朝から園芸大会。

レイバーデー・ホリデーの初日は早朝から園芸大会。大きく育ったポット(鉢)のプルメリアの地植えと挿し木・・

観葉植物のメンテ、大きくなったサボテンをいい塩梅のポット(鉢)に移したり・・。

プルメリアの地植えは高温低湿のここサンフェルナンド・バレーの気候にはおおむね適しているのようなのですが・・寒さに弱いので、冬は朝晩32°F=0℃にもなるバレーの越冬が気がかりなところです。

お隣りのマダム宅のプルメリアのようにたくましく育って欲しいものでございます。

ハンパない夏のサンフェルナンド・バレーの光熱費

数年続いたカリフォルニア州の干ばつにより、わが家のフロントと裏庭の芝生を撤去して久しいのですが・・

ハンパない夏季の水道料金をだいぶセーブしていたのですが、118℉を体感した、この夏の異常気象により。先月のDWP(電気水道局)の請求書は1000ドル弱(汗)。

24/7で稼働していたセントラル・エアコンの電気代も尋常ではなく、芝生があった頃とほぼ同じ料金になりました。もしも、未だに庭の芝生を維持していてら・・?と、考えるだけで恐ろしくなります。

他のLA郊外から比べると、広い敷地の一軒家の中古物件は安いバレーですが、その分夏と冬の光熱費はハンパありません。

老婆心ながら、サンフェルナンド・バレーに家を購入される方は、そこんとこ考慮されるのがよろしいかと・・。

昼夜の寒暖の差が季節の変わり目・・。秋雲が広がる黄昏時。バレーにも涼しい風が吹きはじめました。

Yoshio