yoshio journal

日系アメリカン・ライフスタイル / アメリカ西部情報

Read Article

おっさんのシガーボックスギター

こちら(US)の某オークションサイトでシガーボックスギターの出物があったので購入しました。

シガーボックスギターは葉巻(シガー)の空き箱をボディにして作ったギターで、たった1弦のものから6弦まであります。

世界大恐慌時代(1929年)の貧困の中、アフリカ系アメリカ人(African-American)のブルースマンたち自らこのシガーボックスギター作成して広まったと言われています。

僕が手に入れたのは3弦。通常のGチューニングだとオリジナリティに欠けるので、夜な夜な色んなチューニングを試みています。

エレキと比較しても小ぶりなので、次回の「GINTE2里帰りライブ」の訪日の時の飛行機内の持ち運びも楽そうです。

大好きなシガーボックスギター奏者、ジャスティン・ジョンソン(Justin Johnson)は、なんとスコップで作った3弦でカッコいいグルーヴをかましています。

Crankin’ Up the 3-String Shovel Guitar!

ファイト一発〜!グルーヴ一発〜!おっさんのシガーボックスギター(チューニング)の試行錯誤は後半に続きます。

Yoshio

Return Top