R60(アラカン)世代に優しそうな〜”Apple Watch Series 4″ に興味津々・・

この年になると物欲はだんだん消え失せて参ります。

持ち物は断捨離となり、「必要なもの」は買うが、「欲しいもの」を買うことがめっきり少なくなりました。

しかしながら、近ごろ「これ欲しいな・・」と思っているのが、Apple(アップル) 腕時計”Apple Watch Series 4″ 。

Apple Watch Series 4に興味が湧いたのは、心電図(ECG)センサーを搭載。

心拍数を監視して不審な動きがあれば持ち主に通知する機能があるとのことで、医療業界にとっての転換点になるとまで言われているほどの優れもののようです。

心電図(ECG)センサーがあるくらいだから、今後は続々と「ヘルスケア」アプリが発表されることと思われ、R60世代にはありがたいガジェットでございます。

近い将来、朝晩の血圧を測ってモニターしてくれたり、おっさんの処方箋の飲み忘れを教えてくれたり・・。

で、そのデータが主治医のスクリーニングや病院のクラウドにも反映されたり・・、期待に妄想は膨らみます。

それと、手首を上げて口元にウォッチを近づけて話すだけで、Siriが起動する機能が追加されたようで、これまでのように「Hey, Siri」といちいちSiriに問いかけなくてもよくなったようなので、人前でも恥ずかしくないですね。

子どもの頃の観てた、昭和のスーパーヒーロー「スーパージェッター」が流星号の呼び出す時に使っていた腕時計型のタイムストッパー。(R60世代なら知ってる「流星号、応答せよ」のあれ・・)は、周囲の時間を30秒間だけ止めることができる優れものでしたが(笑)・・

周囲の時間は止められなくても、自分の心臓が止まっちゃう前に知らせてくれる”Apple Watch Series 4″ に興味津々。

アップル・ストアーに行ったら衝動買いしちまうだろうなぁ〜。

Yoshio